blog_illust
住宅は、ローンを組んででも買ったほうがトクなのか?

それとも、賃貸住宅で一生家賃を払い続けたほうがトクなのでか?

こういった比較をうんざりするぐらい見かけました。

ただ、目にするのは一生涯に払うであろうお金の論争ばかりです。

そこに欠けているのは「快適さ」の指標です。


家を購入して気がついた事があります。


特に子供がいる家庭は顕著なのですが、以前賃貸の時は家が狭く

子供が走り回って激突したりされたりという事が多くありました。


人には20代から50代終わりぐらいまでだと思うのですが、

「家をある程度の広さを持って快適に過ごしたい時期」

というのがあります。


それを超えると、自分の生活範囲というのが狭くなり

それほど大きな家は不要なんじゃないかと思います。

一生涯を大局的に捉えれば若いうちに購入する方が

いいんじゃないかと思います。

人口減で空き家で溢れる時代が、加速するのは疑いようもありません。
ただし、それを待っていると年齢を重ねて、もう家はいらない時期に、
というような事になりかねません。パソコンのスペックと同じです。
 glf

勿論、ライフスタイルは様々で、年収によっては20代で広い

賃貸で、快適に過ごせるという人もいるので一概には言えませんが、

平均年収前後の我々庶民の場合です。

本来、我々広告の分野は、近視眼的に物事はこうだと決めつけられていることを

別角度で考える仕事だと思います。えっ!そうだったのという角度を

見つけご提案し続けたいものです。


ディレクターi