さて、今日は何を書こう。
毎回こんな感じでこのブログに困っています。

以前に書いた"このブログ、誰のため何のため"まだ責任者に聞いていないので、
次回は"このブログ、誰のため何のため"について書くことにします!
よかった。次回のブログの内容がいま決まりました!!

次回予告から始まるブログ、、、なかなかに斬新。
次回のブログの内容が気になった方のために!
次回の私のブログは10/14(水)公開予定です。




、、、これで今回のブログは終わってしまってもいいのですが、少しだけ。
今回のブログの冒頭部分、これは告知です。
「もっと多くの人に読んでほしい」と思えば、広告宣伝といった活動になっていきます。

どんな人に読んでほしいのか。
その人とどこで接触するのか。
どのように伝えていくのか。
何のために読んでもらうのか。

まあ、その他にも諸々考えて情報伝達を行ないます。
この情報伝達の活動が広告ですね。


以前、私はこの「広告」が大好きだと書きました。
プランナーという自身の仕事を振返ったときに、とても楽しい仕事だと書きました。

そのときに書かなかったことが1つ。
私はこの仕事に「意義」を持って取り組んでいます。


たとえば
世の中の多くの人にとって、取るに足らない「どーでもよい商品」があったとしましょう。
でも、ごく少数の人にとって「とてもよい商品」だったとしたら。

広告は
その人のもとに情報を届けて「あなたのための商品ですよ」と伝えていくことができる。
また、その情報がもとになって「実は私にとってもいい商品だ」と気づいてもらうことができる。

顕在化されたニーズに対しての情報提供と潜在的なニーズに対してのアプローチです。
クライアントからすると顕在化しているニーズを獲得すること、潜在的なニーズを掘り起こして新たなお客さまをつくり出すことになります。

私がプランニングするこの情報伝達こそが、豊かな生活のきっかけになり、経済を発展させる一縷になり、世の中に変化を与えるきっかけになることができると信じています。


特定の多数に向けた"価値のある情報伝達"。
これは広告の持つ大きな力と可能性で、私がこの仕事に取り組む「意義」です。


さて、言いたいことを書ききったので
まずはこのブログの意義を確かめに行くことにします。


プランナーIw