以前先輩に紹介を受け、読んだ本を紹介します

もうひとつのプレゼン―選ぶ側の論理
著者:野口恭平(元 日産自動車グローバルコミュニケーション部長)

簡単に概要を話すと、タイトル通りプレゼンテーションを「選ぶ側の視点」を解説した本であり、
提案サイドが通常は見えにくいお客様側の意思決定プロセスが垣間見えるところである。
例えば、一般的に思われてるほど、提案をされる側=クライアントの仕事も、楽なものではないなど。

企画書を書き上げるときだけなく、訪問時に既に求められる、お客様理解という
のは、訪問者サイドにとって必須であるにもかかわらず、大抵はイメージしにくいもの
であり、結果として、「???」という提案に終始したり、あるいは期待を寄せられない
という事態は往々にしてあります。

本書は広告の意思決定過程について描かれているものの、
他のプロセスに置き換えてみる事も十分に可能であり、登場人物のクライアント
機能は基本的に共通していると感じました。

また、提案サイドにいながら、ビジネスプロセスを理解するということは、
クライアントのプロセスに思いを巡らせることも重要ではあるが、
自社のプロセスを客観的にみるとうことにもつながり、
自分自身の仕事のスタイル、方法論などを考えさせられる一冊でした。


Planner In