「プロは金をもらっている人間のことじゃない。
金を払ってでもその仕事をやってもらいたい人間のことを言うんだ。」

Facebookで流れてきた言葉なので
目にされた方もいらっしゃるかと思いますがこれも1つの真理だと思います。
社会人として、少なからずその道のプロとして生きる人間には
重要なことが書かれていると思います。

プロ意識というより第三者評ではあるのですが
「あの人にお願いしたい」と考えていただくのは、
継続してそういう思いをもっていただくのは
仕事としての結果に満足していただくことは大前提になり、
加えて、仕事の前後のコミュニケーションも重要になると思います。

結果として満足していただける仕事をした上で、
そのことを振り返ったお客様に、ふと、「いい仕事だった」「また頼みたい」
と思っていただける仕事を繰り返すことができれば
自然とプロと呼んでいただけるのではないか、
そんな集団を目指すことでも、強いクリエイティブという結果に結びつくのではないでしょうか。


ディレクターS