今回も、いつものブログネタ帳からネタを拝借。

最近、社内の会話のいろんな会話を聞いていると
この言葉がすごく当てはまる事がよくある。

主語や、前置き無しにいきなり自分の言いたいことを
機関銃のように乱射する人が多数居るのが気になる。

忙しいのは、分かるけど、元気や気合や大きな声で言えば
何でも強引に進める事が出来ると勘違いしている
自分を「神」と思っている人、周りにいませんか?

クリエイティブは、業務の内容からどうしても
営業に強引に「させられる事」が多くなる。

私は、根本的に「させられる事」・「やらされる事」は
意味が違うと思う。

「させられる事」より「やらされる事」の方がまだまし

やらされるというのは、やる内容が分かりながらも
強引に押し込まれる事だと私は思っている。
必要・不必要は考えに入れず、とりあえずの要素が強い。
作り手側が「納得して自ら動かない状況」である

さて、「されられる事」とは?
内容も伝えることも理解不能で、
何が言いたいのか分からず、言われるがままに
手を動かさないといけないこと
まったく、無意味と思われる作業である。

みなさん、こんな作業多くないですか?
「やらされるのも、させられるのも」
伝え方次第で、全然相手に取って受ける印象も違い
出来上がりのクオリティも変わってくると感じる。

まとめてしまえば、
「伝える事・目的を明確に整理し、気持ちよく作ってもらう」

これをするだけで、格段に仕上がりのクオリティが変わってくるのでは
無いだろうか?

プランナーT