最近意識しているのは
かつての上司に当たる方に言われた
「この仕事は交通整理だ」ということです。
人、もの、金、情報、それらに関わる全てを自分で解決するのではなく
然るべきところに預け、解決まで促し、情報を共有する。
当時は百貨店のカタログ制作に百貨店の販売促進部ディレクターとして関わっていて
他のプロが関わっていることを何でも自分でやろうとするな、と指摘されたのです。


立ち位置によって関わる職域は変わってきますし、
何でも自分でできることをやろうとするのは悪いことではないと思います。
ですが、それにより効率が少しでも落ちたり、無理が生じるなら
自分でやらなくて済むことは済ませ、甘えることはせずに
任せられる部分、頼れる部分はそうさせていただくようにしています。


好きでものづくりにたずさわっているので
自分でマウスを持ってMacに向かいたい気持ちがあったり
それが自分の仕事だと思い込む部分がややもすると出てきてしまいます。
それを意識して手を離すことで
自分としても次のステップへの第一歩とさせていただき、
周囲の方には新たな経験をしていただく機会にもなります。


敢えて自分を持ち上げて
「宰相は細事に親しまず」として
本来の自分がすべきこと、というものを改めて見つめ直し、
自分自身の価値を上げると共に、周囲の価値も上げる、
そういう人間でありたいと思います。


ディレクター S