2015年09月

今回も、「発想職人のポケット」という本の中から一言拝借!!

このタイトルを見て、ドキッとした方いませんか?
ドキッとした方は、まだ、自分で「個性」を出す意識をしていると思います。
でも、何も感じなかった方は、どうでしょう?

毎日、言われた通りの業務をこなし、日々が過ぎていく
そんな仕事や生活をしていませんか?

皆さん、個性出せていますか?
自分の存在意義を感じて仕事していますか?

なぜ、この仕事が、自分に任されているのか?
そんな事を考えながら、業務に取り組んでいますか?

これらの問いの意味を一つでも、感じる事が出来れば
個性が作れると思います。

「出る釘は打たれるを恐れる」のでは無く。

個性を出さないと、打たれる時代です。

もっともっと、個性を出して

さすが、〇〇さん
〇〇さんらしいね
〇〇さん面白い

自分独自の個性を出して、「存在意義」を自らアピールする事が
自分の価値感を高めていけるのではないでしょうか?

自分をアピールする事が出来ない人は
お客様の商品・サービスをアピールする事は出来ないと思います。

もっとみんな自分の色を出しましょう!!

私自身も、もっと力をつけ、価値ある存在になりたいと思います。

プランナーT

以前先輩に紹介を受け、読んだ本を紹介します

もうひとつのプレゼン―選ぶ側の論理
著者:野口恭平(元 日産自動車グローバルコミュニケーション部長)

簡単に概要を話すと、タイトル通りプレゼンテーションを「選ぶ側の視点」を解説した本であり、
提案サイドが通常は見えにくいお客様側の意思決定プロセスが垣間見えるところである。
例えば、一般的に思われてるほど、提案をされる側=クライアントの仕事も、楽なものではないなど。

企画書を書き上げるときだけなく、訪問時に既に求められる、お客様理解という
のは、訪問者サイドにとって必須であるにもかかわらず、大抵はイメージしにくいもの
であり、結果として、「???」という提案に終始したり、あるいは期待を寄せられない
という事態は往々にしてあります。

本書は広告の意思決定過程について描かれているものの、
他のプロセスに置き換えてみる事も十分に可能であり、登場人物のクライアント
機能は基本的に共通していると感じました。

また、提案サイドにいながら、ビジネスプロセスを理解するということは、
クライアントのプロセスに思いを巡らせることも重要ではあるが、
自社のプロセスを客観的にみるとうことにもつながり、
自分自身の仕事のスタイル、方法論などを考えさせられる一冊でした。


Planner In

さて、今日は何を書こう。
毎回こんな感じでこのブログに困っています。

以前に書いた"このブログ、誰のため何のため"まだ責任者に聞いていないので、
次回は"このブログ、誰のため何のため"について書くことにします!
よかった。次回のブログの内容がいま決まりました!!

次回予告から始まるブログ、、、なかなかに斬新。
次回のブログの内容が気になった方のために!
次回の私のブログは10/14(水)公開予定です。




、、、これで今回のブログは終わってしまってもいいのですが、少しだけ。
今回のブログの冒頭部分、これは告知です。
「もっと多くの人に読んでほしい」と思えば、広告宣伝といった活動になっていきます。

どんな人に読んでほしいのか。
その人とどこで接触するのか。
どのように伝えていくのか。
何のために読んでもらうのか。

まあ、その他にも諸々考えて情報伝達を行ないます。
この情報伝達の活動が広告ですね。


以前、私はこの「広告」が大好きだと書きました。
プランナーという自身の仕事を振返ったときに、とても楽しい仕事だと書きました。

そのときに書かなかったことが1つ。
私はこの仕事に「意義」を持って取り組んでいます。


たとえば
世の中の多くの人にとって、取るに足らない「どーでもよい商品」があったとしましょう。
でも、ごく少数の人にとって「とてもよい商品」だったとしたら。

広告は
その人のもとに情報を届けて「あなたのための商品ですよ」と伝えていくことができる。
また、その情報がもとになって「実は私にとってもいい商品だ」と気づいてもらうことができる。

顕在化されたニーズに対しての情報提供と潜在的なニーズに対してのアプローチです。
クライアントからすると顕在化しているニーズを獲得すること、潜在的なニーズを掘り起こして新たなお客さまをつくり出すことになります。

私がプランニングするこの情報伝達こそが、豊かな生活のきっかけになり、経済を発展させる一縷になり、世の中に変化を与えるきっかけになることができると信じています。


特定の多数に向けた"価値のある情報伝達"。
これは広告の持つ大きな力と可能性で、私がこの仕事に取り組む「意義」です。


さて、言いたいことを書ききったので
まずはこのブログの意義を確かめに行くことにします。


プランナーIw

本を読んでいて気付いたのですが
和食の調理を生業とする方は料理人ですが
その1つのジャンルの寿司の調理を生業とする方は職人、
と呼ばれることが多いですね。

職人という言葉をネットで調べるとだいたい
第一に手工芸の職人の説明があり、第二に、転じてその道の専門家、とあります。
この場合後者の意味があてはまるのでしょう。



ものづくりをしていても職人的な呼ばれ方をする時もあります。
ものづくりにこだわってるといわれ、そのような扱いは少し嬉しかったり
技術的なことを褒められている気もします。
微細なことにちょっとこだわった結果、
クライアントの方に気に入っていただけると誇らしげに感じたり。



ですが、成果や結果を求められる企業において
こだわるべきは成果を出すことであって
むだな技術の追求に時間を要するのもまさに時間の無駄ですし、
個人的に好きか嫌いか、という感想はそれこそ嗜好品や芸術品に
とっておいたらいい言葉でしょう。



効率や成果のためにこだわるところにはこだわり、
不必要なこだわりは捨てることも必要ではないでしょうか。
そしてそれが私の小さなこだわりだったりします。




ディレクター S

今回も、「発想職人のポケット」という本の中から
タイトルを拝借しました。

この言葉、全ての事柄につながる事だと思います。

毎日、同じことの繰り返しで変化無く生きている人と
少しでも、昨日の自分と違う事をして変化をつけている人では
物の見方に大きな違いと生まれます。

私たちの仕事は、常に新しいことを取り入れ、鮮度が無いと
企画もデザインも面白みや深みが無くなります。

皆さんは、決められた事を毎日繰り返す、
『パターンナー』になってませんか?
同じ、デザインの焼き直しばかりしてませんか?
お客様は、そういうところ、意外と敏感に見ていますよ

同じ「軸足」で同じ場所をグルグル回っているだけでは
成長もしませんし、新しい自分も見つけれれません。

思い切りも大切です。
ちょっとだけでも、新しいことにチャレンジして
自分のスタイルを作ってみるのはいかがでしょうか?

変化の毎日よりも、ドキドキする毎日を見つけて
新鮮な日を過ごしていきたいと思う今日この頃です。

プランナー T

↑このページのトップヘ